眼科合併症

ケア指針 > 眼科合併症

 眼科的異常としては、網膜色素変性症、眼球陥凹、斜視、白内障、眼振、角膜混濁などがある。知的障害に加え眼球陥凹や散瞳剤が効きにくいことなどから、白内障の外科治療は熟練した医師が行うことが望ましい。さらに術後の無水晶体コンタクトレンズの着用にも専門医の指導が必要である。視覚誘発電位の検査では、聴力検査より早めに異常が指摘されることもあるとされる。知的障害があり一般の視力検査が施行することが難しい場合は、視覚誘発電位検査、可能であれば網膜電位の検査により視力の評価を行うことが望ましい。視力障害は年齢とともに徐々に進行していくが、網膜色素変性症に対しては効果的な治療法は現在のところ見当たらない。臨床的にはまぶしがることも見られるので、サングラスなども必要な場合は装着する。涙液分泌が乏しいので、年齢が高じるに従い点眼薬なども考慮する。眼科的に網膜を検査してもらう場合には必ず網膜血管の狭小化の有無を調べ、動脈硬化の指標とすることも大切である。


千葉大学教育学部養護教育学基礎医科学部門 杉田克生
▲このページのトップへ